2017年秋~2018年冬編・第3弾『岐阜からの便り』が届きました

2018.03.07

岐阜の辻さんから、新しい便りが届きました。 今回は沖縄の松田さん、京都の豊田さんに続き、『気候風土適応住宅』について書いていただきました。 伝統的な住まいならではのたたずまいを残しつつ、法律で定められ … 続きを読む

岐阜からの便り vol.3 気候風土適応住宅

2018.03.07

建築物省エネルギー法で求められる建築性能として、①外皮基準(断熱と日射遮蔽)と②一次エネルギー消費量基準の2つがあり、2020年を目途に新築においてクリアすることが求められています。 この基準の目的を … 続きを読む

2017年秋~2018年冬編・第2弾『京都からの便り』が届きました

2018.01.19

京都の豊田さんから、新しい便りが届きました。 今回は沖縄の松田さんに引き続き、『気候風土適応住宅』について書いていただいたのですが、豊田さんの専門分野でもある「土壁」を切り口に、また違った視点での内容 … 続きを読む

京都からの便りvol.5 『土壁と気候風土適応住宅』

2018.01.19

トヨダヤスシ建築設計事務所 豊田と申します。今年の便りは、土壁と気候風土適応住宅について少し触れてみたいと思います。 まずは、この建物ご存知でしょうか?そう、神戸市北区に建つ箱木千年家です。 民家好き … 続きを読む

新連載スタート「沖縄からの便りvol.9」が届きました

2017.11.29

沖縄からの松田さんから、新しい便りが届きました。 今回は今年の秋に多発した台風の被害から、沖縄の気候風土に合った住宅について、 さまざまなデータ検証と共に詳しく述べています。 詳しくはこちらからどうぞ … 続きを読む

沖縄からの便りvol.9

2017.11.29

台風22号が去ったあたりから、一気に半袖だと肌寒くなって来ました。 ついに沖縄でも、そろそろ夏モードを切り替える時季になっています。 前回の台風は久しぶりに直撃したような気がしました。 我が家では、ア … 続きを読む

福島からの便り vol.4 春間近の飯野町を訪れる -いいの「虹の家」-

2017.03.13

  二月も終わりに、福島市の南東に位置する飯野町を訪ねました。 2008年より福島市に編入された飯野町は阿武隈高地の丘陵地に在り、美しい山並みを望めます。また、町の中心部はかつて養蚕業で栄え … 続きを読む

2017年冬編第8弾 福島から冬の便りが届きました

2017.03.13

福島の斉藤さんから、冬の便りが届きました。 今回は斉藤さんが設計された”いいの「虹の家」”での冬の暮らしの他、つるし雛で賑わう飯野町の様子もご紹介いただいています。 詳しくはこちらからご覧ください。 … 続きを読む

北海道からの便り vol.8

2017.03.02

  冬の北海道からお届けします。 今シーズンは、予想外の展開で冬に慣れているはずの北海道人もいささか翻弄されたスタートとなりました。ここ数年は、クリスマスに雪がなかった年もあったような、お正 … 続きを読む

2017年冬編第7弾 北海道から冬の便りが届きました

2017.03.02

北海道の櫻井さんから、4度目となる冬の便りが届きました。 今冬の北海道はまだ紅葉の木々残る11月の初めに突然の大雪があり、雪に慣れているはずの道民でも大変苦労したそうです。 今回は、櫻井さんが携わって … 続きを読む

2017年冬編第6弾 長野から冬の便りが届きました

2017.02.15

長野県阿智村在住の中島さんから、冬の便りが届きました。 現在は阿智村の山合いにある借家で暮らしている中島さん。 借家ならではの規制もありつつ、山村ならではのエネルギー源を模索しているところだそう。 『 … 続きを読む

阿智村からの便り vol.2

2017.02.15

信州の南端、長野県下伊那郡阿智村で一軒の空き家を借り、暮らし始めて5年。今回は、この地での晩秋から少し厳しい冬の暮らしについてお話したいと思います。 前回、夏の便りでご紹介したように、元空き家である我 … 続きを読む

2017年冬編第5弾 岐阜から冬の便りが届きました

2017.02.09

岐阜県立森林文化アカデミーの辻さんから、冬の便りが届きました。 『1月に入り、かなり冷え込んできました。夏の便りで気象グラフを紹介しましたが、名古屋にくらべて2℃ほど寒く、1月下旬から2月末にかけて、 … 続きを読む

岐阜からの便り vol.2 岐阜南部の冬の暮らし

2017.02.09

1月に入り、かなり冷え込んできました。夏の便りで気象グラフを紹介しましたが、名古屋にくらべて2℃ほど寒く、1月下旬から2月末にかけて、明け方に氷点下になる日も増え、雪も年に数回降ります。 ですが、冬な … 続きを読む

奈良からの便りvol.2『ならやまの家 冬の便り』

2017.02.01

  トヨダヤスシ建築設計事務所 豊田です。今回は、夏の便りで紹介した「ならやまの家」の冬の様子を紹介したいと思います。 ならやまの家の概要は、夏編をご覧ください。 ならやまの家は、土壁ででき … 続きを読む

2017年冬編第4弾 ならやまの家から冬の便りが届きました

2017.02.01

ならやまの家の設計者・豊田保之さんから、冬の便りが届きました。 「ならやまの家は、土壁でできた家です。ただ、昔ながらの伝統的な土壁というと、柱と土壁の間から空が見えるような、隙間風が多いとても寒い家を … 続きを読む

富山からの便り vol.5

2017.01.25

皆さんこんにちは。平成29年も穏やかに明けました。 雪国である富山でも雪の無い正月を迎えました。 晴れた日には空気が澄み、どこにいても東の方向に立山連峰が聳えています。 自分の子供の頃、昭和30年代に … 続きを読む

2017年冬編第3弾 富山からの便りが届きました

2017.01.25

富山の川崎さんから、冬の便りが届きました。 「(中略)自分の子供の頃、昭和30年代には例年12月に降った雪が根雪となり、大人達は雪の始末に大変苦労していたのを思い出します。だいぶ経ちましたが、昭和38 … 続きを読む

福岡からの便り vol.2 冬の暮らし 冬の愉しみ

2017.01.18

福岡の冬を一言であらわすなら、それは「曇りの日々」です。 12月から2月まで青い空の晴天が続くことはほとんどありません。 北からの季節風もつめたく吹いてきます。 17年間つけ続けている太陽光発電の天気 … 続きを読む

2017年冬編第2弾 福岡からの便りが届きました

2017.01.18

福岡の鈴木さんから、冬の便りが届きました。 「福岡の冬を一言であらわすなら、それは「曇りの日々」です。 12月から2月まで青い空の晴天が続くことはほとんどありません。 北からの季節風もつめたく吹いてき … 続きを読む

2017年冬編第1弾 沖縄からの便りが届きました

2017.01.12

沖縄の松田さんから、冬の便りが届きました。 今回は沖縄県でも進んでいる「空き家問題」と、古民家を活用したカフェについてお話いただいています。 「総務省統計局が5年ごとに実施する「住宅・土地統計調査」の … 続きを読む

沖縄からの便りvol.8

2017.01.12

これって温暖化の影響なのでしょうか。 今年のお正月は、冬の気配すらまったく感じさせず日差しも強く、むしろ日焼けを心配して私は長袖でしたが、子供たちは半袖で走り回っておりました。 以前にあるテレビ番組で … 続きを読む

2017年冬編の連載を開始します

2017.01.11

[ご挨拶] 平素より一般社団法人 環境共生住宅推進協議会のホームページをご利用いただき、ありがとうございます。 『地域からの便り』は2007年から、日本・世界の各地域にお住まいの方から、環境と共生する … 続きを読む

2016年夏編第9弾 鹿児島からの便りが届きました

2016.09.12

  鹿児島の村田さんから、夏の便りが届きました。 自然木(じねんもく)の代表取締役として、鹿児島の気候風土に合った住まいづくりを行っている村田さんの家づくりの原点から、現在まで手がけた住宅ま … 続きを読む

鹿児島からの便り vol.1

2016.09.12

  鹿児島からの便りをお送りする村田です。夏の週末は、南薩の海で釣りを楽しんでいます。 最初に、私の家づくりの原風景、現在両親が暮らす、私の生まれ育った集落の話から始めます。 鹿児島中央駅よ … 続きを読む