2018年冬編・第2弾『京都からの便り』が届きました


写真1:箱木千年家。茅葺き屋根に、壁は土壁

京都の豊田さんから、新しい便りが届きました。

今回は沖縄の松田さんに引き続き、『気候風土適応住宅』について書いていただいたのですが、豊田さんの専門分野でもある「土壁」を切り口に、また違った視点での内容になっています。

詳しくはこちらからご覧ください。

京都からの便り『土壁と気候風土適応住宅』