新連載スタート『沖縄からの便り vol.10』が届きました


沖縄からの松田さんから、新しい便りが届きました。

気象庁の発表(2018年7月23日)によると、今年の猛暑は日本全国に渡っています。
7月中旬以降、東日本と西日本では、太平洋高気圧に覆われて、晴れて気温のかなり高い日が続いていますし、7月中旬の平均気温は、関東甲信地方は平年差+4.1℃、東海地方は+3.6℃、近畿地方は+3.4℃、中国地方は+3.1℃と1961年の統計開始以来、7月中旬としては最も高くなったそうです。

しかし松田さんからの便りには、
「沖縄には、意外にも猛暑日はほとんどありません。また快晴日も一年に8日程度しかありません。
もちろん紫外線は最強なので、日向には居てもたっても居られません。
しかし日陰に来るとグッと温度が下がり、涼風を受けこのままハンモックにでも揺られながら、お昼寝ができそうです。」

とあります。

ビーチの日陰でお昼寝をしている赤ちゃん

そんな今年の状況から、風や緑を生かした沖縄の住まいづくりについて、ご提案いただいています。
続きはこちらからどうぞ

■ 沖縄からの便り Vol.10