里山長屋からの便り vol.4『あたたかな住まいのなかから考えた』

2016.03.01

私が暮らす里山風情の残る地域は、夏は緑あふれる場所となりますが、冬は逆に枯れた風景一色になります。窓の外に目をやると、そこは一面枯れ木と枯れ草以外見えず、みずみずしい感じは一切ありません。それでもこの … 続きを読む

里山長屋からの便り vol.3『住まいの温熱環境を科学的に理解する時代』

2015.09.15

今年の夏は記録的な猛暑日が続きました。3.11後の省エネ意識の高まりとともに、こうした猛暑でも電気の使用量はあがらず、太陽光発電の普及なども多少奏効し、無事のりきれたようです。 建築にますます省エネ性 … 続きを読む

里山長屋からの便り vol.2『冬編』

2015.02.24

「里山長屋」は2011年の1月に竣工しましたから、その年を数えると、5回目の冬をすごしていることになります。これまで、冬季の暖房エネルギーにかかる費用などを記録してきました。暮らし方の差はあるとしても … 続きを読む

里山長屋からの便り vol.1『夏編』

2014.08.27

2011年、神奈川県の相模原(旧藤野町)に伝統的な木組みで、「里山長屋」という木造の集合住宅をつくりました。 できるだけ環境に負荷をかけない、そして住民同士、地域や周辺環境との関係性のある家づくりをし … 続きを読む