北海道からの便り Vol.6


今回のお便りはどんな内容にしようか悩んだのですが、いつもとちょっと趣向を変えて、数年前から実行委員として関わらせていただいている「JIA・テスクチャレンジ設計コンペ」のことをご紹介しようと思います。

このコンペは、日本建築家協会(JIA)北海道支部と、北海道の厳しい自然のもとで育まれた環境技術と共に全国的に独創的な外断熱工法を提案されている株式会社テスクさんで、毎年共同で主催している環境型設計競技(コンペ)です。

第6回の募集ポスター

第6回の募集ポスター

これまで6回開催されたのですが、
第1回 「北海道をおいしく食べる場/空間」
第2回 「北海道の森と建築〜くらし・資源・生命・観光などとも共振する空間」
第3回 「寒冷地の仮設住宅」〜持続可能な暮らしに向けて〜
第4回 「寒冷地で共有する住まいのかたち」−自立する未来に向けて−
第5回 「五感リノベ」−身体感覚を活かしたリノベーションで北国のポテンシャルを引き出せ!−
第6回 「不便が気持ちのよい住まい」

歴代のテーマを見ていただいてわかるように、このコンペの特徴的なのはJIA北海道支部の主催するコンペの中でも、毎年時流の風を捉えた社会性の高いテーマ設定をしているところで、「設計者の環境的感性を育てると共に、その豊かな創造力で次世代における建築の価値を広く問う」ことが目的になっています。

第6回の募集要項

第6回の募集要項

応募は、北海道在住で、建築に携わる方及び学生(連名応募の場合、北海道在住1名以上)としているのですが、最近は北海道在住の方とチームを組んで首都圏や関西からエントリーをいただいたり、意匠と環境を専攻する学生さんたちのコラボチーム、他のコンペにない特徴的なテーマ設定に惹かれて応募してくださる方々も増えてきました。

応募登録、作品提出ともに年々伸びてきていて、昨年の第6回では、56作品の応募に対して、49作品の提出があり、通常応募の30%程度が作品提出数と認識していたのですが、87.5%の作品提出をいただいたことで、実行委員や審査委員の方々もまさにうれしい悲鳴をあげていたところです。

もうひとつ、実行委員として感じているこのコンペの面白いところであり苦労するところは、テーマ設定をどれだけ社会性を含みつつ、北海道の地域性を取り込みながら解釈の幅をもたせるか。というところです。

何回も打ち合わせを重ねていく中で、自分の職能が社会的にどんな立ち位置で、どんなことを求められ、また何ができているのか。普段仕事を黙々と進めているミクロな目線から、社会を俯瞰するような大きな目線で話をすることで、また逆にミクロなところが見えてきたりすることが面白いのです。

ただ会議室で話し合うだけでなく、ちょっと目先を変えて趣向を変えて、そのプロセスも楽しみあいながら進めています。

終盤から審査委員の方々にも加わっていただき、審査員の目線からも意見をもらって組み立てていくことで、主催者側の意図が伝わりやすく、結果たくさんの方々応募してくださることにつながればと、第7回のテーマ設定を進めているところです。

第6回の公開審査の模様

第6回の公開審査の模様

第6回の公開審査の模様

第6回の公開審査の模様

コンペの審査は、公開であることに重きを置いているのもこのコンペの特徴の一つです。

2011年にオープンした、札幌駅と大通り駅をつなぐ地下歩行空間(チカホ)の広場が会場です。応募全作品をパネル展示するだけでなく、プレゼンテーションや質疑応答を、一般の方々が行き交う空間で行っています。

最終選考に残った7~10作品の応募チームによるプレゼンと審査委員とのやり取りは盛り上がり、毎回道内の環境系研究者にお願いしている審査委員長からは、たぶん想定外であろう質問が飛び交って、

普段設計の実務に携わっている私たちもハッとするような意見が交わされるエキサイティングな場となっています。

公開審査の模様や応募作品は、Facebookページでリアルタイムに公開されていますので、ぜひ覗きに来てください。どなたでも見ていただけるページです。いいね!ボタンを押していただければ、これから始まる第7回の模様も垣間見ていただけることと思います。

毎回進化を重ねているこのコンペを、さらに盛り上げるべく第7回は審査方法に工夫を加えて準備を進めているところですので、見守っていただけたら幸いです。もちろん、応募いただけたらもっと素晴らしいことですね。お待ちしています。

「JIA・テスクチャレンジ設計コンペ」Facebookページhttps://www.facebook.com/Jiatesukucompe/

130731_sakurai北海道からの便り-特派員/櫻井 百子(さくらい ももこ)

1973年北海道旭川市生まれ。北海道東海大学芸術工学部卒業後、都市計画事務所、アトリエ設計事務所を経て2008年アトリエmomo設立。子育てしながら、こころや環境にできるだけ負荷の少ない設計を心がけている。平成22年度 北海道赤レンガ建築奨励賞、2011年度 JIA環境建築賞 優秀賞 (住宅部門) 受賞。

[北海道からの便り バックナンバー]
北海道からの便り Vol.1
北海道からの便り Vol.2
北海道からの便り Vol.3
北海道からの便り Vol.4
北海道からの便り Vol.5